お子様の寝具

ブログランキング参加しております。このブログをご覧になって楽しんでいただければ下のリンクをクリックください。
br_decobanner_20110608193542

こんばんは 100匹目の羊です。

今日、いらっしゃった女性のお客様。家族構成は奥様、ご主人、お子様がお二人の四人。本日は大きい方のお子様のおふとんをお探しでした。トータルで一時間ほどお話させていただいたのでその内容をできるだけまとめます。

10歳くらいのお子様に掛け布団をとご来店。理由は奥様が寝ているふとんの中の温度に比べて、お子様のふとんの中に手を入れると少し温度が低く感じるので、お子様に「寒くない?」と尋ねると「暖かい」と答えるとのこと。そこで掛けふとんを変えてあげようとご来店いただいたようです。そこで今の寝具環境をお尋ねしました。今はフローリングの上にカーペットを敷いて、敷き寝具は硬わた入り敷きふとんに敷きパット、掛け寝具はポリエステルの毛布に中わたがポリエステルの掛けふとんでお休みのようです。

奥様「体格がいいから重めの掛けふとんが欲しいんです。私が重い掛けふとんじゃないと落ち着かないので」

僕「どうしても重い掛けふとんと言われるなら100%メキシコ綿掛けふとんがございますが、正直おすすめはしません。ポリエステルに比べ吸湿性など優れてはおりますが、あまり上から押さえつけると寝返りしにくくなったりしますし、綿わたのおふとんは定期的に干して湿気とばしたり日ごろのお手入れも大変っちゃ大変ですし。そういう意味でも掛け布団は羽毛ふとんをおススメしております。お子様でしかも体格がいいなら結構汗かきなんじゃないですかね?ポリエステルではムレますよ。」

そしてお客様から「寝ているときに子供の背中をさわると汗でべチャべチャでたまに夜中に気づけは拭いてりしてます。」やら、「子供の敷きふとんを上げると、じめっとしている。手を入れるとふとんの中の温度は低いのになんでこんなに汗をかくのだろう、暖かいのか寒いのか分からない。」やら、「敷きふとんを上げるとカバーにカビが生えていたりもあった。」などなど問題が出てくる出てくる。

このお子様の寝具環境の改善点、もしくはこういう具合に改善すると気持ち良いでしょうと思うところ
①フローリングの上に直接寝るのはやめましょう。フローリングの部屋はベッドが基本です。置けない場合はすのこなどを敷いてフローリング面から少しでも遠ざけましょう。フローリングに直接ふとんを敷くと、湿気がこもりやすくなるのでカビの原因になる、底つき感がでたり底冷えをしたりで腰痛などの原因になりかねないなどいいところが少ないですよ!

②お子様は汗かき、というかたくさん汗をかいて体温調節が上手にできるように練習しなければなりません。ですのでお子様の寝具をお考えの際は、「汗をたくさんかく」ということを前提に寝具を選びましょう。掛けふとん敷きふとんは吸湿吸水性の良いものを、加えて発散性もあればなお良しでしょう。そして肌に触れる敷きパット、毛布なども同じように吸湿吸水性の良いものをおススメします。さらに肌に触れるとこはいつも清潔にできると良いと思いますのでご家庭での洗濯ができればなお良しでしょう。

アドバイスするところは上記の二点だけになりますが、今お使いの寝具をすべて変えないといけないという内容になっております。

奥様「寝具って奥が深いですね。だんだん何が良いのか分からなくなってきました。」と仰られたので

(あー僕がまとめずにちょっとしゃべりすぎやなー)と思いましたので

僕「とりあえず今お使いの敷きパットをサニセーフに変えてみてください。それで改善点(寝相が良くなる、汗でべたべたしないなど)があればポリエステルの毛布をパシーマに変えてください。それでさらに改善すれば敷きふとん、掛けふとんと考えましょう。」とお伝えしました。肌に触れるところを変えればすぐ実感できるだろうと思うし、価格的にも敷きふとんや掛けふとんに比べて安価ですし失敗してもつぶしがききやすいだろうと思ったのでそのようにアドバイスしました。ちなみにパシーマは医療用の脱脂綿とガーゼで作られた吸湿吸水性の優れた寝具で、サニセーフはそのパシーマの敷き専用のタイプになっております。

奥様「もう少し吟味してみます。失敗をしたくないので。」

僕「そうですね、もし何か分からないことがあれば何でもご相談くださいね。
たいていお店におりますので。」と、パシーマのカットサンプルをお渡ししてお帰りになられました。

「あー今日も一時間ほどお話したのにそれだけで終わった・・・。」と思いましたが、「まあ色々お悩みを聞けたし良しとしよう!」とすぐに考え直しました。まあこうこうこういう理由でこうすれば良いのでは?というご提案ができたのが大きいと思っております。

お近くで寝具でお悩みの方、どうぞご遠慮なく当店へお越しくださいませ。別に無理にご購入いただかなくても結構ですので、もしかすると解決できるかもしれませんので。遠くの方でもメールでも何でもご相談くださいね。勉強になりますので。

それではまた明日もよろしくお願いいたします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
兵庫県中部でオーダーまくらをつくるなら
100匹目の羊へ♪
あなたにピッタリの寝具のご提案をします。
ホームページもよろしくお願いいたします。
〒669-3467
兵庫県丹波市氷上町本郷300 ゆめタウン 1階
100匹目の羊 ~寝装のくげ~
TEL・FAX:0795-82-8567
e-mail:100pkmnhtj@gmail.com
HP:http://sheep100th.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログ記事一覧